« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007-10-22

鶏むね肉のカツレツ&ハーブサラダ添え

Scimg5459

友達と一緒に『MANGIA PESCE広島
の樫村仁尊シェフに料理教室へ。

レストラン出来上がった料理は・・・

Scimg5464

鶏むね肉のカツレツ&ハーブサラダ添えに

Scimg5467

里芋のグラタン

Scimg5469

秋刀魚ときのこのパスタに、秋刀魚の骨のスープに
無花果を使ったデザートの5品ワイングラス

どれも簡単に出来る料理でとても美味しかったです。

えんぴつ今日のワンポイントアドバイスは、パスタを茹でるお湯に
入れる塩はちょっと舐めてしょっぱいなって思えるぐらい(約1%)
を必ずいれる。これが美味しいパスタの出来る秘訣。
あと、書かれている茹で時間の1分前ぐらいに茹であげるのが
コツ。ちょうどいい硬さのアルデンテになる・・・等等。

では、鶏むね肉のカツレツ ハーブサラダ添えのレシピをご紹介♪

【材料】2人分

鶏むね肉・・・1/2枚
パン粉(細かくする)・・・適宣
卵・・・1個
無塩バター・・・適宣
オリーブオイル・・・適宣
ハーブ・・・ルッコラ・クレソン・イタリアンパセリ・ディル等
ミニトマト・・・大2個
レモン汁・・・適宣
塩・こしょう・・・適宣
パルメザンチーズ・・・適宣

作り方

①鶏むね肉は、皮を除いて厚い部分を開き、ラップで
挟んで肉叩きなどで1㌢弱程度の厚みまで叩いて伸ばし、
塩・こしょうをふります。

②バットにパン粉と溶き卵をそれぞれ用意し、①の鶏肉に
パン粉、卵、パン粉の順に衣をつけます。

③フライパンにオリーブオイルとバターを入れ温め②を
両面香ばしく焼きます。

④ボウルにハーブ類とくし形切りにしたミニトマトを入れ、
塩、こしょう、レモン汁、オリ0ブオイルで和えます。

⑤器に③と④を盛り付け、すりおろしたパルメザンチーズ
をふりかけて出来上がり。

※パン粉はミキサーで細かくしたほうがキレイに出来上がります。

| | コメント (0)

2007-10-16

豚フィレ肉のスープ煮

いつもの先生の料理教室にて・・・今回は、

Co 豚フィレ肉のスープ煮 マスタードソース

Cimg6010

Co ピンクレンティルのスープ  

Co 水菜とやまいものサラダ

Cimg6017

デザートに

Co ラフランスとブルーチーズのタルトを作りました。

豚フィレ肉のスープ煮が特に美味しかったなぁ。
ブーケガルニの中にはセロリ・ローリエ・タイム・パセリを
いれて、にんにくと白ワインなどで煮込みました。

レシピはこちら

【材料】

豚フィレ肉・・・400㌘
塩・白胡椒・・・適宣
ベーコン・・・50㌘
にんじん・・・小1本
じゃがいも・・・2~3個
白ねぎ・・・1本
セロリ・・・1本
にんにく・・・1片
ブーケガルニ・・・1束
白ワイン・・・50CC
粒マスタード・・・大さじ2
生クリーム・・・60㌘
タラゴン・・・少々
オリーブオイル、塩、胡麻、タイム、セルフィユ等・・・好みで

作り方

1.豚肉に塩こしょうして、5㎜幅に切ったベーコンと共にフライパンで焼く。

2.煮込み鍋に1とバトンに切ったにんじん、セロリ、大きめに切った
じゃがいも、4cmに切ったねぎ、ブーケガルニ、にんにく、白ワイン、
水3カップを入れて煮る。

3.材料が柔らかく煮えたら、肉と野菜を取り出して、肉をスライスして
皿に並べる。

4.鍋に残ったスープ2カップ分を強火にかけて半量に煮詰め、大さじ2の
マスタード、生クリーム、タラゴンを入れて強火でさらに煮詰める。
5.塩で味を調え3にまわしかける。
6.好みでハーブを飾って出来上がりです。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »