« ひと足早いクリスマスの料理 | トップページ | 豚肉と山芋と黒米のスープ »

2007-12-04

Cucina Italiana

先日、マンション内にクッキングスタジオがあり、そこでイタリア料理を習う
抽選があり、150名の中の応募の中から20名が選ばれて習ってきました。

イタリア料理の講師は東京からBarillaJapanの代表取締役の豊田さんが
来られて教えてくれました。

B1_2

Barila Japanの、しかも代表取締役が自ら教えるのMo4 と不思議でいっぱい
でしたが、実際にお会いしたら社長と言うよりシェフそのものという感じ。
とても手際が良くて、話を聞くと年の1/3はイタリアにいらっしゃって向こう
で料理も学んでいるとのこと。
もともとは東京でイタリア料理の店員の方に指導をされているそうです。
いつもお料理を作られていて、もう手が熱さを感じなくなりましたといい、
フライパンの中やパスタの熱湯の中に直に手を入れて茹で加減を確認して
いたところにはびっくりMo3
話題豊富で面白くてとにかく明るい方で、こんな社長の会社で働いてみたい
と思ったほどでした 。
そして目の前の席にいた私は目が合い…アシスタントに指名され豊田さんと
一緒に料理を作りました^^。 緊張しましたがとても楽しい時間でした。

Nek 作った料理は・・・

B2

ホタテのソテー バルサミコソース
茸のペンネ トリノ風
海老と水菜のアーリオーリオ ペペロンチーノ イカ風味
スパゲッティ パルマ
サンマのソテー ジェノヴァ風
牡蠣とベーコンのカルボナーラ

B3

どれも簡単に手軽に出来て美味しかったです。

|

« ひと足早いクリスマスの料理 | トップページ | 豚肉と山芋と黒米のスープ »

「イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひと足早いクリスマスの料理 | トップページ | 豚肉と山芋と黒米のスープ »