« 三國流自然派料理を習う | トップページ | 体に優しい料理を習う »

2008-04-16

バリラ イタリア料理教室

Barilla Japanの豊田社長が教えるイタリア料理教室に今年
も参加してきました。

Ba1

今年も昨年と同様に100名以上応募があったのですが、20名に
選ばれましたhappy01 昨年の料理教室はこちら

今回はさっき、突然思いついて作ることにしたという
restaurantかまあげしらすとプロッコリーのパスタ
restaurantニンジンのサラダ オレンジ風味
restaurantアサリとブロッコリーのトマト風味パスタ
restaurantコトレッタ・アラ・ミラネーゼ(豚肉のミラノ風カツレツ)
restaurant白身魚とほうれん草とパン粉のアーリオリオ・ペペロンチーノ

Ba2

restaurantカルボナーラを習いました。

そしてまた、昨年と同じようにグループの代表で指名され、豊田さん
の隣で『豚肉のミラノ風カツレツ』を作る際のアシスタントをしました。
昨年と同じ流れなので、可笑しくて、前回もあてられましたというと、
「あれそうだったっけ!ごめんね~。」とcoldsweats01
日本中を回ってイタリア料理を教えてるので、憶えてないだろうな
と思いつつ、「前回はいかそうめんとレタスのパスタを・・・」というと
思い出してもらえました^^;

少し前に新聞に掲載された記事に、豊田さんは大学時代からレース
チームに参加し、20歳でメカニックとしてイギリスに渡り、その後
20年間、レースに携わる仕事をする傍ら、イタリア車とフランス車の
メーカーで広報の仕事を手がけながら、現在日本で活躍する有名な
シェフと親交を深め、料理の道へ進んでいったと書かれていました。

ちなみにフランスで開催されたルマン24時間レースで日本のプライベート
チームの監督を していた際、一人の若いイタリア人のドライバーをスカウト
したそうで、 それが現イタリアバリラ社CEOのPaolo Barilla(パオロ・バリッラ)
氏だったそうです…shine
料理教室が終わり、社長にお別れの挨拶をしたら「ごめんねsweat01二度も
手伝わせちゃって。」と言って下さり、新聞の記事のことや車のお話も
出来て、さらに一緒の写真も撮れて楽しい時間でした。

人生とは良き出会いの積み重ね・・・ですね clover

|

« 三國流自然派料理を習う | トップページ | 体に優しい料理を習う »

「イタリア料理」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三國流自然派料理を習う | トップページ | 体に優しい料理を習う »