イタリア料理

2010-05-16

1Day Pizza Cooking Lesson

Pizza1

広島クッキングスクールのイタリア料理クラスで4年間習っていたの
ですが、その小西先生の"1Day Pizza Cooking Lesson"に参加しました restaurant

Pizza2Pizza3

ピッツァ マルゲリータ、フルッタディマーレ、クアトロフォルマッジ、サルシッチァ
の4種類のピザを作って焼きました。

Pizza4Pizza5

特にタレッジョ、フォンティーナ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノをたっぷり
乗せて焼き上げたクワトロフォルマッジが美味しくて美味しくて…
一緒に辛口の冷た~い白ワインが飲みたくなりましたwine

| | コメント (0)

2009-05-26

もちきびとトマトのティエッラ

Simg_8447

今月はいつもの先生にイタリア料理を習いました。
パルミジャーノとパセリとパン粉でこんがりと焼き上げた
“もちきびとトマトのティエッラ”

Simg_8437

“ほたてのソテー サルサ添え”
サルサとはスペイン語で焼き物のソースのこと。

完熟トマトと青葱、パセリ、きゅうり、セルフィユ、タイムを
きざんで、レモン汁とクミン、塩、胡椒、オリーブオイルを
混ぜてソースを作りましたconfident

Simg_8442

“海老と新ごぼうのスパゲッティーニ”

新ごぼうの歯ごたえと香りと海老がたまらなく
美味しかったです。

Simg_8454

デザートはバジルの葉をみじん切りにして混ぜて
作った“バジル風味のパインシャーベット”

Simg_8452

ワインはイタリア ピエモンテのビアンコを2種wine
LANGHE FAVORITA `07 D.O.C
RECIT Roero Arneis `07 D.O.C.G

青りんご、グレープフルーツ等のフレッシュなフルーツの香りがして、
リースリングに似た印象のRECIT Roero Arneisが気に入りました。

| | コメント (0)

2008-08-29

秋の味覚のイタリアン

マンジャペッシェの樫村さんに『秋の味覚のイタリアン』
を習ってきましたhappy01

Simg_5782

鶏もも肉のきのこ詰めロースト

Simg_5783

秋刀魚のコンフィといちじくの秋サラダ

Simg_5781

焼きなすとみょうがのさっぱりパスタ

Simg_5779

巨峰のコンポート アールグレイのグラニテと
自家製リコッタチーズ風

を丁寧に教えてもらいました。 

早速忘れないうちに晩ごはんに作ったら、鶏もも肉のきのこ詰めロースト
が大好評でした^^
オリーブオイルにローズマリーににんにく一片できつね色になるまでじっくり
焼いた後、最後に焦がしバターを作って、最後にカリッカリになった鶏の
皮に絡めたらさらに美味しくなったような^^。
きのこの色々な味が楽しめて鶏肉も香ばしくて美味しかったです。また作ろう♪

自家製リコッタチーズも材料を全て鍋にいれて、沸騰直前で火を弱めてゆっくり
分離するのを楽しみに待ちながら作りました。ラザニアにのせて今夜食べます。

『自家製リコッタチーズ』
材料はこちら
牛乳 250㌘
生クリーム 60㌘
レモン汁 10㌘
塩 極少々

※分離して表面に白いかたまりが浮いてきたらざるですくいあげて、水気
を切ったらリコッタチーズの出来上がりです。

pencilRicotta Cheese《リコッタ チーズ》のリコッタとは、イタリア語で
「二度煮た」という意味になります。

| | コメント (0)

2008-05-25

フルーツトマトの冷製カッペリーニ

東京 日本橋にあるRISTORANTE AL PONTEの原シェフに
『フルーツトマトの冷製カッペリーニ』を習いました。

Al1

(東京で、ではなくて広島のイタリア展にて1日だけの料理教室です^0^)

Al2

これからの季節にぴったりですよねhappy01美味しかったですshine
フルーツトマトの冷製カッペリーニの作り方&材料は…

《2人前》
カッペリーニパスタ…100㌘
バジリコ…2枚(飾り用)
完熟フルーツトマト…4個(300㌘)
バジリコ…(生)4枚
にんにく…1/2片
オリーブオイルEX…大さじ1と1/2
塩 黒こしょう…少々
レモン汁…1/2片

restaurant作りかた

①トマトを熱湯にさっとつけ、冷水にとり、皮を湯むきして2㌢角程度
のさいの目に切る。バジリコは2枚づつ粗みじんと細切りにする。

②ソースは、氷をあてたボールににんにくをこすりつける。
①のトマトとバジリコ、大さじ1のオリーブオイルをいれ、塩コショウで
調味する。最後にレモン汁を加える。

③カッペリーニを茹でて、氷水にとって冷まし、水気をしっかり切る。

④②に③を加えてオリーブオイル1/2を入れ和え器に盛り、バジリコ
葉をのせて完成です。

Tomato

早速夜ごはんにカッペリーニを買って作ってみたら・・・パスタを
多く入れすぎて、ちょっぴり薄味になっちゃいましたが、
バジリコとフルーツトマトの甘さが美味しかったですconfident

| | コメント (4)

2008-05-19

春キャベツと温泉卵のカルボナーラ

MANGIA PESCE (マンジャペッシェ) 広島の料理長、
樫村シェフに『初夏がおいしいイタリアン』を習ってきました。

Ma1

初鰹のカルパッチョ

Ma2

初夏の鮮魚のカルトッチョ 柑橘の香り

Ma3

春キャベツと温泉卵のカルボナーラを教えてもらいました。

家に帰って温泉卵にも初挑戦shine

卵をキッチンペーパーに二重に包んでぬるま湯にさっとくぐらせます。
その後沸騰して火を止めた鍋に包んだ卵をそっといれてフタをして、
そのまま15分程度置いておくと温泉卵が出来上がりました。

restaurant春キャベツと温泉卵のカルボナーラの作り方 材料(2人分)

スパゲッティーニ 120㌘
春キャベツ 160㌘
生ハム 12㌘+20㌘
バター 30㌘
温泉卵 2個
パルメザンチーズ 6㌘
塩・黒胡椒 各適量
オリーブオイル 適量
イタリアンパセリ 適量
水 適量

restaurantつくり方

キャベツは食べやすい大きさに手でちぎります。
フライパンにバターをいれて溶かし、生ハム(12㌘)をさっと炒め、水を加えます。
パスタの茹で上がり1分前にパスタを茹でている鍋にキャベツを加えて一緒に
茹で上げます。
パスタが茹で上がったら、生ハム(12㌘)を炒めたフライパンに加えて、塩胡椒
で味を整えて、お皿に盛ります。
温泉卵、生ハム(20㌘)、パルメザンチーズ、オリーブオイル、黒胡椒、粗微塵
切りしたイタリアンパセリをかけて出来上がりですhappy01

Ma4

旬なものを旬な時に食べると幸せですね。ホワイトアスパラを見つけて
サラダを作りましたが、甘くてサクサクした歯ごたえが美味しかったですconfident

| | コメント (0)

2008-04-16

バリラ イタリア料理教室

Barilla Japanの豊田社長が教えるイタリア料理教室に今年
も参加してきました。

Ba1

今年も昨年と同様に100名以上応募があったのですが、20名に
選ばれましたhappy01 昨年の料理教室はこちら

今回はさっき、突然思いついて作ることにしたという
restaurantかまあげしらすとプロッコリーのパスタ
restaurantニンジンのサラダ オレンジ風味
restaurantアサリとブロッコリーのトマト風味パスタ
restaurantコトレッタ・アラ・ミラネーゼ(豚肉のミラノ風カツレツ)
restaurant白身魚とほうれん草とパン粉のアーリオリオ・ペペロンチーノ

Ba2

restaurantカルボナーラを習いました。

そしてまた、昨年と同じようにグループの代表で指名され、豊田さん
の隣で『豚肉のミラノ風カツレツ』を作る際のアシスタントをしました。
昨年と同じ流れなので、可笑しくて、前回もあてられましたというと、
「あれそうだったっけ!ごめんね~。」とcoldsweats01
日本中を回ってイタリア料理を教えてるので、憶えてないだろうな
と思いつつ、「前回はいかそうめんとレタスのパスタを・・・」というと
思い出してもらえました^^;

少し前に新聞に掲載された記事に、豊田さんは大学時代からレース
チームに参加し、20歳でメカニックとしてイギリスに渡り、その後
20年間、レースに携わる仕事をする傍ら、イタリア車とフランス車の
メーカーで広報の仕事を手がけながら、現在日本で活躍する有名な
シェフと親交を深め、料理の道へ進んでいったと書かれていました。

ちなみにフランスで開催されたルマン24時間レースで日本のプライベート
チームの監督を していた際、一人の若いイタリア人のドライバーをスカウト
したそうで、 それが現イタリアバリラ社CEOのPaolo Barilla(パオロ・バリッラ)
氏だったそうです…shine
料理教室が終わり、社長にお別れの挨拶をしたら「ごめんねsweat01二度も
手伝わせちゃって。」と言って下さり、新聞の記事のことや車のお話も
出来て、さらに一緒の写真も撮れて楽しい時間でした。

人生とは良き出会いの積み重ね・・・ですね clover

| | コメント (0)

2008-02-29

春がおいしいイタリアン

M1

MANGIA PESCE (マンジャペッシェ) の料理長
樫村さんに今回は『春がおいしいイタリアン』を
習ってきました。

M2_2

まずはrestaurantパルメザンチーズ衣の山菜フリット

ふきのとう・たらの芽・こごみなどお好みの山菜を用意して
たらの芽には生ハムを巻き、ふきのとうは中のつぼみを取り、
そこに刻んだアンチョビと5㎜角に切ったモッツァレラチーズ
を合わせたものを入れて包みます。
そしてチーズ衣は
パルメザンチーズ 10㌘
薄力粉 50㌘
塩 1㌘
炭酸入りミネラルウォーター80㌘
を軽く混ぜて生地を作ります。
ガス入りのお水を使うことでサクサク感のあるフリットが出来ます。

中から春の味がいっぱいしましたハート達(複数ハート)
ふきのとうの花のとった部分も素揚げにしてそれをスライスして
パスタにのせて食べても美味しいそうなのでやってみます。

M3

次はレストラン菜の花と豚バラ肉のクリームパスタ

材料は2人分で
菜の花…8本ぐらい
豚バラ肉のスライス…60㌘
生クリーム…200㌘
フェトチーネ…120㌘
柚子胡椒…適宣
塩・こしょう…適量

作り方*

豚肉は塩をふり30分ほどおきます。
パスタはたっぷりの湯に1%の塩を加えて茹でます。
フライパンに生クリームを入れて火にかけます。
豚バラ肉を適当な大きさに切り分け、パスタの湯の中にさっとゆでます。
(余分な油分を落とすため。)
豚肉をフライパンの生クリームに加えて1分ほど煮ます。
スタのゆであがり30秒前に菜の花を入れて、一緒に茹で上げて
フライパンに加えてソースと絡めます。柚子胡椒・塩・こしょうで味を
ととのえ、盛り付けして出来上がりです。

M4

そして最後はレストラン豚ロースとモッツァレラの重ね焼きを
教えてもらいました。

材料は2人分で
和豚もち豚背ロースカツ用…100㌘
モッツァレラチーズ…40㌘
じゃがいも…1/2個
バルサミコ酢…30㌘
にんにく…1片
ローズマリー…1枝
柚子胡椒…適宣
塩・こしょう…適量

豚肉の美味しい旨味&バルサミコ酢のソースとモッツァレラ
チーズがほわほわでとっても美味しかったです。

M5

早速今夜はこの3品を晩ごはんに作ってみます♪

| | コメント (0)

2007-12-04

Cucina Italiana

先日、マンション内にクッキングスタジオがあり、そこでイタリア料理を習う
抽選があり、150名の中の応募の中から20名が選ばれて習ってきました。

イタリア料理の講師は東京からBarillaJapanの代表取締役の豊田さんが
来られて教えてくれました。

B1_2

Barila Japanの、しかも代表取締役が自ら教えるのMo4 と不思議でいっぱい
でしたが、実際にお会いしたら社長と言うよりシェフそのものという感じ。
とても手際が良くて、話を聞くと年の1/3はイタリアにいらっしゃって向こう
で料理も学んでいるとのこと。
もともとは東京でイタリア料理の店員の方に指導をされているそうです。
いつもお料理を作られていて、もう手が熱さを感じなくなりましたといい、
フライパンの中やパスタの熱湯の中に直に手を入れて茹で加減を確認して
いたところにはびっくりMo3
話題豊富で面白くてとにかく明るい方で、こんな社長の会社で働いてみたい
と思ったほどでした 。
そして目の前の席にいた私は目が合い…アシスタントに指名され豊田さんと
一緒に料理を作りました^^。 緊張しましたがとても楽しい時間でした。

Nek 作った料理は・・・

B2

ホタテのソテー バルサミコソース
茸のペンネ トリノ風
海老と水菜のアーリオーリオ ペペロンチーノ イカ風味
スパゲッティ パルマ
サンマのソテー ジェノヴァ風
牡蠣とベーコンのカルボナーラ

B3

どれも簡単に手軽に出来て美味しかったです。

| | コメント (0)

2007-06-18

MANGIA PESCE 料理教室へ

Mangia2

MANGIA PESCE広島料理長の樫村シェフの料理教室へ。

Mangia3

教えてもらったものは

Mangia

レストラン Pane di prosciutto e formaggio
ハムとチーズのパン

レストラン Insalata di "NICE"
具たくさんのニース風サラダ

レストラン Bocconcini di pollo con cuscus
鶏肉のスパイシー煮込み クスクスを添えて

レストラン Gelato di vaniglia
バニラのジェラート

Mangia1 

手際を忘れないうちに・・・まずはハムとチーズのパンを今から
作ってみまするんるん

会員になっているこちらのサイトに樫村さんやオテル・ドゥ・ミクニ
の三國シェフのレシピもUPされています。
えんぴつ おうちdeシェフごはん

| | コメント (2)

2007-05-11

まぐろのカルパッチョ(レシピ)

Carupaccio di tonno

まぐろのカルパッチョのレシピ

◆材料

マヨネーズ           大さじ3
バジルペースト         大さじ1
胡椒               少々
レモン汁            少々
マグロの赤身         100g
塩                少々
胡椒               少々
サニーレタス          2枚
松のみ             10g

作り方
①、ソース(バジルマヨネーズ)を作る
ボウルにマヨネーズ・バジルペーストを入れて
よく混ぜ、味を見てレモン・胡椒で味を調える。
ビニール袋に入れておく

②よく冷やした皿ににんにくをすりつけ、塩・胡椒を振る。
薄切りにしたマグロを重ならないように並べ、
再び塩・胡椒をする。

③千切りにしたレタスを散らし①のソースを絞りかける。

④松の実を散らして出来上がり。

ワインと一緒にどうぞ♪

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イタリア料理 | グルメ・クッキング